読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心忘れるべからず

ヲタ活にっき

はじめての入会と送金

みんながよく使う「○○くんのATMと化した」

意味は分かっていたけど、私はそれを実践したことがありませんでした。

 

チケット関係はいつも相方にお願いしていて、私は交通・宿泊担当でした。

それが今回相方曰く「今年は1名義だと危ない(かもしれない)」爆弾発言。

ツアー予告の翌日、気づけば私は相方と共に郵便局へ向かっていた。

まずは、ファンクラブへの送金。

この年になって、郵便局で送金したことがなく、相方とワンツーマンで書き上げた。

送金する時、読み取りされず何度も用紙が付き返されて、とても凹んだのはここだけの話。

 

そして先日、ツアー申込の送金をしてきたのである。

また相方と書き間違いがないよう、お互い復唱しながら記入する意気込み

そしてATMの前に立つ私。

なんと、指が震えている。そして、ATMの前で拝み始めた。

 

私は知らなかった。

相方が毎回こんな気持ちで申込をしていたなんて!!

私はただチケット代を渡してのんきに遠征プランを立てていた!!

 

相方も送金する。

なんと、指が震えている。そして、ATMの前で拝み始めた。

 

そして理解した「○○くんのATMと化した」気持ちが!!!!!

 

このあと二人で「最近の山田氏と岡本氏のセット需要について」を大いに語ってきた。

 

~次回、当落電話で大慌て☆の巻~